新時代の新しい空手!TechnicalFight(テクニカルファイト)!!

髙久道場の
テクニカルファイト

Point01

専用の防具が身体を護る

新防具を活用する事でダメージや恐怖ではなく、目配りにより危険等を察知する能力、気配りによる対応能力、心配りによるいたわり・加減等を学ぶ事ができます。
更に、敏感・俊敏さが生まれ、護る力とは何かを深く学ぶ事が出来ま。この「三位一体」の効果は、日常生活、ビジネス、スポーツ等各分野においても必修とされる事。幼いころから育んだ事は成長してからも必ず役にたちます。
倒すから「勝ち」倒されたから「負け」といった競技性も大事ですが、心技体、護る技術の向上こそ必要なのです。

Point02

ゲーム感覚で楽しめる

叩かれて痛い!怖い!ではなく、つけられたくない!が真剣さを生み、実際に行うと悔し涙が多く見られます。特に小さな子供は顕著に現れます。
動作目的がはっきりしているから、小さな子供でも自然と集中し取り組むことができます。稽古というよりゲーム感覚!
しかし、子供にとってはまさに”真剣”そのもの。そのような感覚や稽古が咄嗟の護身力を育み、いざという時、心と体が自然に反応するようになります。

Point03

本気の攻防で
護る力が身につく

実際に武器を用いての稽古には限界があり、その感覚・本気度が重要なのです。
新開発の防具により、安全性を保ちながらも危機意識が防衛本能を高め「真剣」という心がけが自然と養われ、正確な攻防技術が可能となり守る技術を明確化できます。
大事な場所だからしっかりと護る。しかも叩くのではなくくっつける?だからあまり痛くない。
これぞ新感覚。まさに紙一重、本気の攻防が実現できます。
実際武器であれば、軽く触れただけでもそれはとても危険な事なのです。

テクニカルファイトって、なに?

高久道場以外でも体験可能です!
※ テクニカルファイトを導入したいとお考えの道場・団体様は、お気軽にお問い合わせ下さい!

体験者の声

  • テクニカルファイトになってから
    積極的に技に挑戦してます!

    防具無しだと怖さや痛みで技をあまり出せなかったけどテクニックヒット防具を着けることで怖さと痛みが減ったので組手が好きになりました。

    幼年・少年部 新山くん

  • 自分の長所と短所がハッキリして、
    とても良い稽古ができてます!

    防具にマジックテープがついているのでパンチが当たった時、どこに当たったのかがよく分かります。テクニカルヒット防具のお陰で安全で長所と短所がハッキリするのでとても良い稽古になってます。

    幼年・少年部 村田くん

  • 技の正確性が求められるので、
    技術力がアップしました!

    テクニカルファイトでは防具無しの組手と違って急所に当てないとポイントにならないので、正確に技を出す事が意識出来る様になりました。

    幼年・少年部 山下くん

  • 落ち着いて相手の動きを
    見れるようになりました!

    僕はテクニカルファイトをゲーム感覚で行うことで危険を感じ取る事が上手になったり、相手の弱点を見極める事も上手くなってきた様に感じます!

    幼年・少年部 矢持くん