髙久道場について

理念

錬空武館 高久道場では空手・武術の可能性を探究し、格闘性、武道性、健康法、それぞれの志向性に見合う指導をいたします。

体力のある人、体力に自信のない人、気が強い人、気が弱い人、繊細な人等、人のタイプは様々ですが、錬空武館ではそれぞれの特色を活かし自信を付けてもらえる様稽古をして参ります。

道場の仲間と協力し稽古に励む事で心・技・体の成長がより加速する様になります。

志を同じくする仲間と楽しい汗を流し親睦を深めませんか!

道場訓

初心を忘れず生涯武を探求する志をもつこと

稽古内容

空手稽古

古流空手の探究に力を注いでおられ作家としても著名な今野敏師範より伝えられた、古流少林流の型・分解組手・棒術を学ぶクラス

  • ピンアン(実用型)初段から五段までと古流の型(ナイファンチ,セイサン,ワンシュウ,バッサイ,アーナンクー,チントウ,ウーセーシ,クーシャンクー)の学習と研究
  • 護身の技を分解組手にて使用方法を試す。
  • 型の基準から外れる事で技がかからず、基準を守れると技がかかるという事を試し実感が伴って行く様稽古する。

技研究

想定される様々な攻防(打つ、蹴る、投げる、関節を極める)を錬空武館独自のメソッドでゆっくりと気を合わせて行い、お互い話し合いながら研究するので怪我の心配もありません。

組手

技研究で取り組んだ事を実際に動いて試す稽古。サポーターを着用し、お互いに気を合わせて安全性を確保して行います。

高久館長考案の新防具「テクニカルヒット」を使用した組手「テクニカルファイト」で安全に攻防技術の正確さを養います。

棒術稽古

歴史ある棒術。古流空手とリンクしています。

  • 基本の振り
  • 定置基本の型
  • 型と組棒(2人組で行う棒の稽古)の稽古等

刀禅練行での稽古

  • 武術に必要な身体動作の基準・原理・原則を学びそれを目安に現状の動きの癖に気づき修正して基準・原理に素直な身体となる様稽古します。
  • 崩れを正す事に徹する事で他に影響を受けない絶対的な自身を確立します。

→ 刀禅メソッド練行での稽古について詳しく見る

R体操

  • 全ての人の健康を支える「養生」という根底にあるべきライフワークを目指します。「休息(relax)」「回復(recovery)」「再始動(restart)」「爽やか(refresh)」の頭文字の「R」から【R体操】となりました。
  • シンプルな動き・呼吸法をR体操独自の組合せ方法により日常の仕事や雑事等、働き過ぎている思考を休息出来るよう、脳をリラックス状態へ導きます。

→ R体操について詳しく見る

パーソナルトレーニング&KYTボディメンテナンス

パーソナルトレーニング

ご希望に沿いながら部分・全身のトレーニングを指導致します。KYTボディーメンテナンスと共に行うと更に効果的な、その人専用のトレーニングメニューをご提供出来ます。

ボディメンテナンス

KYT(Ken Yamamoto Technique)ベーシック&アドバンスを用い身体の癖や歪みを整え動きを良くするメンテナンスです。

このメンテナンスをする事で分かるその人の身体の癖や歪みの原因をご自身でも整えられるオーダーメイドのセルフケア体操もご提供致します。